Pマーク取得とコンサルタントサポート

Pマーク取得のためには、社内でプロジェクトの管理者や監査責任者を任命し、個人情報の取り扱いについて社内でまとめ、勉強会を開き、保護体制の運用方法を構築するという時間と労力を必要とする準備をしなくてはなりません。

Pマーク申請後も書類審査や現地審査といった、準備段階で作成したPMSJIS Q 15001の基準を満たしていなければその都度修正や是正を行わなければなりませんから、Pマーク取得までに数ヶ月の時間を要することは知っておくべきでしょう。

もし効率的に取得を目指したいということであれば、コンサルタントの方の力を借りるのも一つの方法です。
コンサルタントに支援をお願いできる範囲はさまざまで、申請に関するすべての作業を依頼する場合もあれば、苦手な部分だけお願いするといった場合もあります。

コンサルタントにかかる費用はすなわち人件費と同じですので、どのように使うことが最も適切か、見積なども利用しながら考えて協力をお願いすることができると、スピーディな申請、Pマーク取得を叶えることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です