風呂敷販売店にあるご祝儀を包むふくさ

結婚式に行ったときに受け付けてご祝儀を渡します。
ご祝儀を渡すときにご祝儀袋を裸のまま持っていくのはマナーが悪いので、ふくさに包んで受付で渡します。

ふくさに包んでおけばご祝儀袋が汚れることもないので安心です。

もしも、ふくさがない場合は小さめの風呂敷でも大丈夫ですが、結婚式のときはできるだけ明るい色を使用するようにしましょう。

逆にお葬式のときのお悔やみなどは暗めの色を使用します。包み方も難しくないので覚えておくと無難です。

年を重ねるごとに結婚式に招かれることも増えてきますから急なお葬式にも対応できるようになります。

今では袋タイプのふくさが専門店で販売されていますので包むことをしなくても大丈夫なものもあります。

ご祝儀袋を入れるだけなので簡単です。

また、紫色のふくさを持っていると結婚式にもお葬式にも使えますので便利です。
風呂敷専門店では風呂敷も販売していますがふくさも販売している専門店もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です