狭小住宅と建築家

狭小住宅と建築家

都心の新築一戸建てでも価格を抑えられるのが狭小住宅の強みと言われていますが、例えば有名な建築家にデザインを依頼すればそれだけ費用は高くつきます。

中には費用を抑えたいばかりに、この建築家さんに支払う費用を割愛しようとする人もいますが、実はこと狭小住宅に関しては、建築家さんは非常に重要なポジションを占めているのです。

そもそも狭小住宅は、本来なら狭くて住みにくいはずの場所を如何にして居心地の良い家にするかが重要ポイントになります。

狭いはずの空間を広く感じさせたり、限られた空間を無駄なく利用したりする空間デザイン能力が求められる上、建築基準法や都市計画法にかなっていて耐震強度、断熱性、施工性にも優れた家でなければなりません。

更に施主の要望にも応え、なおかつ予算内に納めるとなると、建築家の専門知識がなければ建ち得ないのです。

従って、狭小住宅を建てる場合には特に、建築家という存在が必須になります。
狭小住宅には建築家がセットになっていると考えても大げさではありません。
小さいとはいえ大切なマイホームですから、住み心地の良い家に仕上がって欲しいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です