埼玉の葬儀の特徴は?

埼玉の葬儀

東西南北に広域にわたる埼玉県は、北部地域や秩父地域、そしてさいたま市などの都市圏では葬儀の方法が違うというケースが多いようです。

埼玉で葬儀を執り行うことになった場合には、ご自宅のある地元の埼玉の葬儀社に依頼をして、お住まいの地域ではどのような葬儀の形態があるのか、どのような準備が必要かを確認しておくようにしましょう。

まず、埼玉の秩父地域などでの葬儀では、お葬式の参列者が杖を持ち、三角の白い布を頭に巻いた格好で参列することや、通夜の日に、紅白の水引でお見舞金を持っていくという風習があるようです。

また、埼玉だけではなく他の地域と同様に、火葬とお葬式の順番が逆になっている場合もありますから、火葬前に故人に会いたかったという方もいらっしゃるかもしれませんから、他地域から来る親戚や知人などへの事前連絡には注意が必要ですね。

埼玉の一部地域で特徴的な、このような風習を知らないと、葬儀や通夜の当日にえっ!?と戸惑ってしまう事も多いですから、地元の葬儀社や地元の風習に詳しい方に問い合わせをして、準備を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です